FC2ブログ
白竜のただ単純な日記。 内容はいろいろw
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  久々にレオマワールドに行ってきた  2016.03.21.Mon / 21:05 
この3連休は実家に帰ってました
金曜の晩から出発する予定でしたが、狙ったかのように雨…
土曜日も午前中は様子を見て、10:30頃に意を決して出発
…出発する頃は小雨降り始めてましたがね…
神戸に入っても雨は止まず
淡路島に入ってようやく雨は止みました

はいここ、すんなり淡路島まで走れたかのように書いてますが、実際は淡路SAまで3時間かかってます(平時は1時間ちょいで来れる)
171号線が爆混みで全く進まない
脇道に逸れてもそこも渋滞
43号なんざ当たり前のように渋滞
ようやく3号神戸線に乗っても余裕で渋滞
解消されたのは月見山ICが見えた辺りだったかな…

「バイクだったら間すり抜け出来るやろ?」と思う人もいるかもしれません
だがちょっと待って欲しい
分かるんです
俺がすり抜けをやると確実に当てる
やけにリアルなイメージが簡単に想像できるんですよ
渋滞に我慢できずに車の間のすり抜けを敢行しようとすると目の前に現れるやけに車間の詰まった車
通る事も出来ず、正規の車線に戻る事も出来ず、本来あり得ない場所で停車せざるを得ない俺
他のバイクが出来る事は、絶対に俺には出来ません
やろうとすると絶対に何か起こります
だから、俺はやりません

…とまぁ、結局土曜日は4時間かけて実家に帰りました
実に倍の時間をかけての帰省
正直辛い

で、土曜日はそのまま何もせずに終了
地元の友人と飲みに行こうと誘ってみたんですが翌日の朝が早いという事で断念

日曜日は朝からバイクの洗車
LAVENのチェーンクリーナーがヨゴレ激落ち過ぎてやばい
今まで使ってたチェーンクリーナーとは一体何だったのかってレベル
予備にもう一本買うつもりですが、これもう一本買っとこう
で、洗車は午前中に終了

午後から、タイトルに有る通り、香川にあるレオマワールドに行ってきました
25周年となる訳ですが、実は完成して間もない頃に親に連れて来て貰っています
実に25年ぶり、いや厳密にはその後小学校の遠足で来た事あるから20数年振りのレオマワールド
今回も家族で行きました
一人でレオマは流石に罰ゲーム過ぎるwwwwww
目的は夜の照明イベントですね
プロジェクションマッピングってやつか
で、ついでにホテルのバイキングと、温泉と
温泉はもう子供連れが滅茶苦茶居たので混みまくりでゆっくり出来ませんでしたわ
やっぱ温泉はゆっくりしてナンボですね

で、月曜日はいつものように朝から帰る…といきたかったのですが起きたのが11:30とかになってたw
もう無理ゲーだw
昼飯食って準備して帰路に着いた訳ですが、まぁ月見山から京橋まで、しっかり渋滞
一応ところどころでは流れてたので、まだマシな方でしたわ
休憩なしノンストップで帰ってきましたが、あれが休憩入れてるともっと悲惨な状態だったんだろうなと思うと休憩しないという選択は間違いではなかった
一般道に下りても渋滞でしたが、まぁこれはもう仕方ないね
中国道を通るルートだと宝塚手前から大渋滞だったと思うと向こうのルートはなかなか使えません
向こうの混み具合ヤバすぎるだろマジで
というか、他の帰宅ルート見つけないといつまでも渋滞にかかり続ける羽目になっちまう…
どうするか…


過去の投稿を見て、実家の柴犬の話が行方不明のまま報告が無かったので追記

無事に見つかってます

脱走した翌日、近所の池で溺れかけてるのを助けられる

助けられた後、隙を見て脱走(進路は家と反対方向)

今度は道路沿いの溝に落下

近所の人の通報により、町の動物保護センターに保護

そこでの保護期間は1日の為、翌日には保健所へ移動(この時親はまだ捜索中)

保護期間1週間の1日前に親が保健所に連絡、保護している旨を聞き、引き取りに行く
(保健所に連絡したのもいよいよ捜索が行き詰まり、轢かれた可能性を考えての連絡だったらしい)

こうして近所の方々から助けて貰い、保護されたものの保護期間を過ぎそうになりあわや殺処分という所でギリギリセーフとなった我が家の老犬は無事に家に戻ってきました

保健所から引き取った当初は「申し訳ない」と言いたそうな顔でしたが、この連休に戻った時はそこそこ元気そうでした
「そこそこ」って付くのは、もう目も耳も鼻もロクに機能してない様子だったからです…
まぁ、もう15歳だからなぁ
先に死んだ奴も16歳だったからなぁ
そういう事なんやね
今は中庭で囲いを作ってそこで放してやってるんですが、昔は放した瞬間塀を飛び越えて脱出したもんですわ
速攻で脱出したもんですから、ダッシュで追いかけたのを今でも覚えてる
…それが今や、その塀どころかそれより低い塀も飛び越えられない
時間の何と残酷なことか
まぁ仕方ないね
スポンサーサイト
No.1002 / 雑記 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACK BACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

プロフィール

白竜

Author:白竜
その日思った事を思ったままに。
ほぼ毎日更新する…予定。
HPはこちら

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

CopyRight 2006 Sanctuary for 白竜 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。